印鑑の書体と実印

   

印鑑に使用される文字は、大きく分けて6種類に分けらます。
楷書体は日常的にも多く使用されている書体で、漢字の基本的な形となっており一角一角が繋がっていないため読みやすいのが特徴です。楷書体を少し崩して作られた行書体は、漢字の筆記体として多く使用されています。一角一角が繋がっている部分もありますが、省略はされていないため比較的読みやすい書体です。
篆書体は、小篆書体などとも呼ばれ古くから使用されています。中国では秦の時代から使われている書体です。漢字の線が一定の太さであることが特徴のひとつです。篆書体が変形してできた印相体は篆書体よりも複雑な作りになっており、ほぼすべての文字の外側が枠に接しています。
隷書体は、篆書体を簡単な造りに省略された書体です。楷書体に近いですが、起筆と終筆に特徴があります。線の中に太い部分と細い部分があり、漢字の中で線と線が繋がる波礫と呼ばれるヒゲのような線があるのが特徴です。
古印体は、日本独自の文字で大和古印体などとも呼ばれています。丸みをおびた文字で読みやすいのが特徴です。

実印に用いられる書体

実印は、重要な契約や書類などに使用されるため偽造しにくい書体を用いて、セキュリティを重視したものを使用する方が多いです。一見、何と書いているかわからないような篆書体や印相体など複雑な作りのものが人気です。
フルネームで篆書体や印相体を用いることにより、更にセキュリティを高めることができます。未然に偽造や悪用・不正な取引などを防ぐことができます。
下の名前のみで作成する場合、簡単な文字になりがちですが他の書体よりは複雑な作りにすることができるので篆書体や印相体がおすすめです。

その他の印鑑に用いられる書体

銀行印は、実印と同じく金銭に関わる重要なもののため偽造されにくいものが選ばれる場合もあります。反対に、金銭の手続きをする際に担当の方たちにも分かりやすい方が良いと読みやすい書体を選ぶ方もいます。このため、篆書体や印相体のほかにも隷書体や行書体も人気があります。
認め印に使用される書体は、読みやすさが重視されます。確認の印として使用されることがほとんどのため誰が見ても何と書いてあるかがわかりやすいよう、楷書体や古印体・行書体が多く使用されます。仕事などで使用する場合名字のみが一般的ですが、よくある名字の場合は区別がつきやすいようフルネームで作る方もいます。

ピックアップ記事

実印として利用できる印鑑のサイズ

市町村などの自治体ごとに印鑑登録できる印鑑のサイズが決まっています。若干の違いはありますが個人印の場合は、1辺が8.1ミリ以上25mm以内の正方形に収まるサイズと決まっている場合が多く、小さすぎても大...

印鑑の書体と実印

印鑑に使用される文字は、大きく分けて6種類に分けらます。楷書体は日常的にも多く使用されている書体で、漢字の基本的な形となっており一角一角が繋がっていないため読みやすいのが特徴です。楷書体を少し崩して作...

印鑑の素材によって違う実印の値段

印鑑の値段は、もちろん大きさによっても違いがありますが素材によって大きな違いがあります。素材として使用されるものは動物の牙や骨・角など動物系の素材や、木から作られたもの、金属や石、樹脂系素材などがあり...

女性の実印にピッタリの印鑑とは

印鑑登録は、一部地域を除いて名前の表記についての決まりはなくフルネームはもちろん名字だけや下の名前だけでの登録も問題はありません。実名と同じ名字か名前であること、もしくは名字と名前の一部を組み合わせた...