女性の実印にピッタリの印鑑とは

   

印鑑登録は、一部地域を除いて名前の表記についての決まりはなくフルネームはもちろん名字だけや下の名前だけでの登録も問題はありません。実名と同じ名字か名前であること、もしくは名字と名前の一部を組み合わせたものであれば登録できるとされています。名前以外で、名前の後に印や之印・之章という文字は入れても良いとされていますが、一般的には法人印の場合に使用されることが多いです。
女性の印鑑の場合、結婚などで姓が変わることを考えて下の名前のみで作成する場合があります。実印は一般的にはフルネームでの作成が多いですが、女性の場合は下の名前のみで作ることで結婚などには左右されずずっと使用することができます。3種類を一緒に作成する方が多いため、銀行印なども揃えて下の名前で作る方もいます。

作成するタイミング

実印を作成するタイミングとして、近年は出産と同時に両親が子供のものを作成することが増えていますが、人生の転機となるタイミングで作成する方も多いです。自分自身の実印を持つということは大人である証とも言えるため、二十歳になったときの成人祝いや就職祝いとして作成する場合もあります。自分で購入する方もいますが、この場合両親からのプレゼントとして作られる方もいます。
また、結婚を期に作成する方も多く、節目として新しい人生へ向けての記念品にもなります。結婚ということから、新しい名字で作成することを重視する方もいます。結婚すると貸借証書などでは夫のものを使用することが多いですが、遺産相続や公正証書、保険金の受領時などでは女性も使用する場合が大いにあります。女性であっても必要な重要なものと言えます。

女性に人気のある印鑑

様々なタイプが販売されていますが、誕生石やスワロフスキーがついているものは女性からの人気が高いです。それぞれの素材にオプションで埋込むことができる場合も多く、好きなカラーや誕生石など色にちなんで選ぶことが多いです。
宝石でできているタイプも販売されていることが多く、宝石ごとの開運の種類や宝石言葉など重視して作成する方もいます。出産と同時に作成する場合も女の子の場合は、淡い色やピンクなどの女性らしい色が好まれます。
また、和柄のタイプも販売されていることが多く宝石タイプ同様女性に人気があります。和柄タイプは外国の方にも好まれる傾向にあり、カタカナでの作成も近年多くなっています。

ピックアップ記事

実印として利用できる印鑑のサイズ

市町村などの自治体ごとに印鑑登録できる印鑑のサイズが決まっています。若干の違いはありますが個人印の場合は、1辺が8.1ミリ以上25mm以内の正方形に収まるサイズと決まっている場合が多く、小さすぎても大...

印鑑の書体と実印

印鑑に使用される文字は、大きく分けて6種類に分けらます。楷書体は日常的にも多く使用されている書体で、漢字の基本的な形となっており一角一角が繋がっていないため読みやすいのが特徴です。楷書体を少し崩して作...

印鑑の素材によって違う実印の値段

印鑑の値段は、もちろん大きさによっても違いがありますが素材によって大きな違いがあります。素材として使用されるものは動物の牙や骨・角など動物系の素材や、木から作られたもの、金属や石、樹脂系素材などがあり...

女性の実印にピッタリの印鑑とは

印鑑登録は、一部地域を除いて名前の表記についての決まりはなくフルネームはもちろん名字だけや下の名前だけでの登録も問題はありません。実名と同じ名字か名前であること、もしくは名字と名前の一部を組み合わせた...