印鑑の素材によって違う実印の値段

   

印鑑の値段は、もちろん大きさによっても違いがありますが素材によって大きな違いがあります。
素材として使用されるものは動物の牙や骨・角など動物系の素材や、木から作られたもの、金属や石、樹脂系素材などがあります。
その中でも古くから高級素材として取り扱われているものが象牙です。象の歯であるため木のように虫食いの心配もなく、耐摩耗性が優れており摩擦やひび割れの心配もありません。朱肉のつきも良いとされており、捺印性・耐久性ともに非常に優れている素材とされています。
木材や金属・石などの中でもそれぞれにたくさんの種類があり、素材によって値段が変わってきます。

一生涯使用するものとして素材を選ぶ

実印をはじめ、一度作成すると同じものをずっと使用することが一般的で、途中で印鑑を作り直すことはあまりありません。一生涯使用するものとして長持ちする素材を選ぶことがおすすめです。
そのため、耐久性と捺印性更には見ための好みなどを加えてしっかりと選ぶことが大切です。長く使用するもののため、値段が少し高めになっても耐久性と捺印性を重要視する方が多いです。
両親や祖父母などからのプレゼントの場合は、特に高価な素材が人気です。近年様々な素材が増えていますが、象牙や水牛、高級木材は古くから長年人気を得ています。女性は特に見た目を重視する場合もありますが、男性の実印は特に耐久性が高いものが良いでしょう。

人気のある印鑑の素材と特徴

動物系素材の中では、象牙や水牛が多く用いられますが女性におすすめなのがオランダ水牛です。象牙に続く高級な素材と言われている高級印材の中でも美しい飴色で、女性らしさもあります。
木材の中で印材として優れているとされているものが、アカネと呼ばれるものです。耐摩耗性は動物系素材や金属には劣るものの木特有の粘りと硬さにより捺印した際の鮮明さが優れています。ニスなどにより耐久加工が施されているものが多いですが、お手入れや保管には注意することがおすすめです。
また、塩分や水に強いチタン製のものは非常に強度が強いと言われており、熱にも強く金属アレルギーも起こしません。半永久的に使用することができ、スタイリッシュなデザインが近年男性に人気を得ています。
琥珀と呼ばれる素材は、植物の宝石とも呼ばれており美しい色合いと模様が特徴的です。天然石を使用したパワーストーンと共に、女性からの人気の高い素材です。

ピックアップ記事

実印として利用できる印鑑のサイズ

市町村などの自治体ごとに印鑑登録できる印鑑のサイズが決まっています。若干の違いはありますが個人印の場合は、1辺が8.1ミリ以上25mm以内の正方形に収まるサイズと決まっている場合が多く、小さすぎても大...

印鑑の書体と実印

印鑑に使用される文字は、大きく分けて6種類に分けらます。楷書体は日常的にも多く使用されている書体で、漢字の基本的な形となっており一角一角が繋がっていないため読みやすいのが特徴です。楷書体を少し崩して作...

印鑑の素材によって違う実印の値段

印鑑の値段は、もちろん大きさによっても違いがありますが素材によって大きな違いがあります。素材として使用されるものは動物の牙や骨・角など動物系の素材や、木から作られたもの、金属や石、樹脂系素材などがあり...

女性の実印にピッタリの印鑑とは

印鑑登録は、一部地域を除いて名前の表記についての決まりはなくフルネームはもちろん名字だけや下の名前だけでの登録も問題はありません。実名と同じ名字か名前であること、もしくは名字と名前の一部を組み合わせた...